外壁塗装-塗料の種類

外壁塗装と言えば、油性と水性に大きく分けることができます。
油性塗料は、ペイントでうすめるもの、ラッカーで薄めるものがありますが、ラッカーを使うラッカー系塗料は、強み固い油膜を作ってくれます。
乾燥時間が早く、キレイに仕上げることができます。
はけ塗りタイプ、スプレータイプがありますが、スプレーの方が広範囲に塗ることができ、手軽に使えるメリットがあります。
ただ換気の必要がありますから、外壁塗装は屋外での作業が好ましいです。
水性外壁塗装は、刺激的な臭いもなく、引火する恐れもありません。
乾いてしまうと、水に濡れても溶けることがありません。
もちろん水道水で薄めることができ、そのまま下水に流すこともできます。
室内においても安心して使えます。