外壁塗装-塗料の成分

元々塗料は樹脂、顔料、添加剤、溶剤などの混合物です。
このうち外壁塗装となった残るものは、樹脂、顔料、添加物であって、溶剤は蒸発をしてしまうものなので正確には成分には入りません。
樹脂は、天然油脂、天然樹脂、合成樹脂、せんい素誘導体などの種類があります。
顔料も色をつけるための着色顔料、充填剤としての体質顔料、さび止め顔料とそれぞれの特徴を生かしたものがあります。
添加剤は、少しだけ加えられることによって、それぞれの成分の外壁塗装や粘度などを変えるために使われています。
溶剤は働きは、外壁塗装を均一にしたり、泡を消したりするものです。
こうした成分が入り混じり、塗装したいものに適した塗料がいろいろと販売されています。
それぞれの用意に合わせてお選びください。