外壁塗装-塗料の形態

外壁塗装に使い塗料は液体のものと固体のものに分けることができます。
だいたいの塗料は液体ですが、溶解剤塗料、無溶解剤塗料、水性塗料に区別することができます。
固体のものというと、粉体塗料になります。
液体のもので言うと、溶解剤が入っているかいないかというのが問題ですが、一般的に使われる溶解剤塗料は、乾燥性、外壁塗装作業制に優れていて、塗膜も均質なものが得られるものです。
溶解剤が入っていない場合は、%固形部の液状ものという位置づけです。
水性塗料は、粒子状に分散をした樹脂を用いるものですが、乾燥のコントロールが難しいとされています。
粉体塗料は、固体樹脂を微粉砕したもので、焼付時などに用いられます。
外壁塗装と言っても、との形態の塗料を用いるかということが問題です。